4.GAINSKYのリスクについて


GAINSKYへ参加する
超お得なキャンペーン♪
本サイトよりご参加いただけた方は
今なら先着10名様へ
$100キャッシュバックキャンペーン実施中!
本来最低額$1,000のところ→実質$900+手数料諸々でご参加いただけます!
今がチャンス♪


1.GAINSKYの魅力と会社紹介
2.GAINSKYの運用プラン
3.GAINSKYのアフィリエイトプログラム
4.GAINSKYのリスクについて

アフィリエイトまで読んでいただけた方は、GAINSKYの仕組みがいかに損をしにくくアフィリエイトもしやすい内容だったのではないでしょうか?

「紹介」にアレルギー反応が出る方でも、運用だけ行っても利益は1〜3%程度は出る訳ですから、気楽に過ごせますよね!

運用だけなら、月に1〜2回ぽちぽちやるだけです。

 

必ず、投資はこれからの時代必要になってきます。

複数に分散投資をされる一つの投資先に選ばれても良いのではないでしょうか?

 

さて、これまで、いいところばかりお話ししてきましたが、

「調子のいいことばかり」

「よく分からないけど、本当に大丈夫なの?」

など、

「不安があってもどんな不安があるのかが分からない」

まだ見ぬ不安要素を抱えていらっしゃる方もいると思います。

 

リスク① GAINSKYの破綻

「投資は自己責任」と言う有名な言葉がありますので、

物事は常に最悪のパターンを想定して進めなくてはなりません。僕の人生の兄貴の名言です(笑)

私のお友達で以下のような心配をされている方がいましたので解説します。

基本的に運営上のお金の流れも明確に解説しているわけですが、、、

現在(2020年8月時点)は、全世界で65,000人が運用しています。

日本だけでも25,000人の方が参加しています。
現在、会員数の割合が最も大きいのは、中国になります。

破綻については、あれだけ散々アフィリエイト報酬を払っていてもまだまだ余るくらい(日本人の会社の方に直接確認しました)なので、会社の資産が上がり続けていることから、現在の段階では破綻の確率は少ないとは思いますが、確率が「0」ではない以上は、ご心配される声もあると思います。

前の項でも解説しておりますが、私たちのお金は、「GAINSKY」ではなく、「RCM」に預金されている状態です。
証券口座にお金を預けているわけです。

言い方が悪いですが、GAINSKYが仮に飛んだ(姿を消した・破綻)としてもお金を管理しているのは「RCM」です。

つまり、GAINSKYの運用が上手くいかなくて破綻に追い込まれても、私たちのお金はRCMがガッチリ支えているわけです。

でもそうだとすれば、次に心配なのが、、、、

 

リスク② REGAL CORE MARKETSの破綻

RCMがしっかり管理しているのは分かったけど、、、

ですよね?当然、その疑問が出てきますよね?

実は私も始めた当初は、ここが一番心配でした。

なんとなく、華麗にスルーされたように盲点な不安の種でした。

これについては2020年8月15日から正式に開始された制度で、解消されました。後で解説します。

では、そもそもこのRCMは何をしている会社なんでしょうか?

・法定通貨と仮想通貨ペアも取り扱う証券取引所
・GAINSKY以外にも多数の取引がある
・GAINSKYとは別案件の金融プロジェクトともタッグを組む
・金融ライセンス「バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)」の登記実態がある

冒頭の破綻したらどうするの?という話に戻りますが、まず「破綻しません!」と誰が言っても誰も信用しません。私もいつか破綻すると思っています。無理のある経営を続けて、何も経営改善をしない限りはどんな会社でも破綻するでしょう。

しかし、少なくともRCMは破綻したとしても挽回できる無敵の要素が出てきました。

RCMの個人預金に保険が適用される

え!え!え!

保険!バカなんですか?大丈夫なんですか?

失礼しました。

言葉が汚いですが、正直心の中で思いました(笑)。

しかし、それは誤解でした。

まず保険会社というのは、絶対に自社が損益を被らないように出来ています。
生命保険や医療保険でも、病気がちな人や年齢の高い人は審査が通らないか、多額のプランを選ばざるを得ないことがあります。
自動車保険も、若くて運転経験の少ない人、過去に事故を起こすと等級が下がり高額になります。
いわば、最大のリスクヘッジのプロフェッショナルと言えます。

そんな鉄壁のリスクヘッジ体質の保険会社が、一部ではギャンブル性が高いとか、高配当を謳った、穴だらけのいわゆるハイプ案件を引き受けるでしょうか?

それを引き受けるということは、

「この運営体制と運用実績があればリスクは低いだろう」という結論になり、契約成立となったのです。

引き受ける保険会社は、

National Insurance Alliance(NIA)

・20年以上歴史がある
・ケイマン諸島のCIMA(金融庁にあたる官庁)の認可がある
・保険会社のための保険会社

ケイマンは世界的に銀行や証券会社の中枢と言われており、またCIMAの基準は大変厳しく、下りている企業も数少ないです。

以下が、プロフィールになります。

会社名 National Insurance Alliance(ナショナル・インシュアランス・アライアンス)
ホームページ http://www.niace.com
住所 Landmark Square, 64 Earth Close, West Bay Beach South, George Town, Grand Cayman, E9, KY1-1107
ケイマン諸島の
CIMA(金融庁にあたる官庁)の認可

https://www.cima.ky
↑こちらで「National Insurance Alliance Limited」で検索してみてください
登記番号:1275
登記名:National Insurance Alliance Limited
タイプ:Class B Insurer
登記日:1999年1月1日
きちんと出てきました!良かったです(^_^)

ホームページを見てみると、

Reinsurance(再保険)という言葉が出てきます。

お恥ずかしながら、無知で今まで再保険というものに無関心だったのですが、

再保険の定義とは下記のような内容になっています。(ウィキペディアより)

----------------------------
再保険(さいほけん、reinsurance)とは、原保険(元受保険)において、責任の一部または全部を他の保険者に移転し(出再保険)、相手方保険者がそれを引き受ける(受再保険する)損害保険をいう。「保険の保険」なので「再保険」という。この制度は原保険者(元受保険会社)が危険(リスク)を分散したり、収益を追求したりするために行われる。再保険会社の填補責任は契約による。なお、元受保険会社が再保険によらず自ら保険責任を負うことを保有(ほゆう)という。
再保険契約の締結に際し、出再保険会社からは受再保険会社に対して出再保険料が支払われる。その算出方法は、再保険の種類によって異なる。再保険の種類は概ね記事のとおりだが、いくつかの分類を複数組み合わせることがある。
----------------------------

つまり、保険会社のための保険会社ですね。

損害に対するリスクヘッジが行われるというわけです。

1998年から創業と書いてあったので、歴史も長いし地元でも愛されていると推測できます。
悪い会社なら長くは続きませんから(^_^)

以下ホームページのイメージカット

雰囲気はとても誠実でアットホームな印象です(^_^)

以上のことから見ても、RCMに対する最強のリスクヘッジが出来ていますね(*´꒳`*)
文句無しです!

あ、もちろん保険をかけるかかけないかは顧客が選択できますので、保険は有料になりますよ。
詳細は別途案内しています。

リスク③ 出金が滞るリスクの可能性について

 

これは、どの案件にも付き物の心配な点ですよね。

こればかりは、将来的にどうなるかは誰にも分かりません。

ただ、現段階(2018年-2020年)では滞りなく出金されています

もし、将来的に出金が止まるとすれば、RCMの運営状態の問題になると思います。

実際に出金手続きが行われるのは、RCMですから。

原因として考えられるのが、

・取引所内の資金の回し方に問題があるから
・取引所内の不穏分子による取引情報やデマ情報などのリーク
・出金に新規預金者のお金を当てている(自転車操業)

今回、出金元が取引所(BANK)であるため、自社のシステムで出金額を定義し出金しています。

私が、体験した他案件の出金で次のようなものがありました。
運用会社からの回答がこうです。
------------------------
「自社の口座ではなく、他BANKの口座に資金が入っているのと、当社では第三者機関が代行で出金業務を行なっています。コロナの影響で人員削減など、出金額に制限がかかりましたので、出金が遅れております。」
------------------------
というものです。

↑これが事実か、都合の悪いことを隠すための嘘かは分かりませんが、

以上のことから、実際に出金を行う委託先が破綻した場合や、委託先に出金制限がかかってしまうと、運用するだけの会社は手が出せなくなってしまうんです。いわゆるお手上げ状態

そこで、私は、出金のプロセスを必ず確認するようにしています。
むしろ出金だけではなく、どこの会社がどの部分の業務を担当するかを明確に提示してもらうようにしています。

出金業務委託などは製造業の製造ラインなどで自社でできない工程を外注することと一緒です。ただし、外注は内製よりコストがかからないし、あふれた仕事を引き受けてくれてメリットなどもあるかもしれませんが、結局は他社なので自社のルールがうまく適合せず融通が効きにくいというデメリットがあります。結果効率が下がります。

つまり、業務を効率的に自社で全て完結できれば、めんどくさい問題も起こらずに素早く業務が完了します。

RCMは、取引所(BANK)なので自社のルールで出金システムが稼働します。結果、出金が滞る可能性は低いと考えられますが、会社の資産を一気に引き出されでもしたら、流石のRCMも困ると思います( ;∀;)。

ここからは、私の個人的な見解なのですが、RCMの資産のうち、GAINSKY運用のみの割合に限った話で言えば、ほとんどの方が複利運用を続けるために、資産を入れたままにすると思います。

だって実際に増えるんですから(笑)

お金を全額引き出すのは一部の人だけであって、基本的に余剰資金で投資は行うようにとご案内していますので、極端な行動に出る人は少ないと思うのが僕の見解です。

ましてや、保険会社の「NIA」が引き受けた訳なので、よっぽど高評価だったのでしょう(*´꒳`*)

4.のまとめ

投資で大切なこと
・稼ぐこと以前に資産を減らさないこと
・お金の出所を投資家自身が理解すること
・無理の無い運用計画を立てること
・自己責任で余剰資金で行うこと
・確実に出金が出来ること
よく考えてみれば全て当たり前のことです。
ただただ、高利回りの謳い文句に目がくらみ、本来投資で大切なことを見失わないよう心がけ、正しく、楽しい投資を選ぶようにしましょう。

投資リスクと向き合う
投資には必ずリスクが存在します。そのリスクが高ければ高いほど、資産に危険が伴います。
逆にリスクが低くても絶対に資産が消えないという訳ではありません。
リスクと対価がどのくらいの割合で、どのくらいなら許容できる範囲かなどを考えることが重要になってきます。

GAINSKYを支える複数のリスクヘッジ
・GAINSKYが破綻しても我々の資産はRCMにある
・RCMが破綻しても保険(NIA)をかけていれば資産は護られる
・CPが悪くてもCRでプラス方向に修正
・RCMの効率的な出金システム

 

 

あなたの口座に、眠っている$1,000(13万円程度)があるなら、今すぐ叩き起こして働いてもらいましょう!

さあ、ご自身の判断でGAINSKYに参加しましょう(^_^)

 

GAINSKYへ参加する
超お得なキャンペーン♪
本サイトよりご参加いただけた方は
今なら先着10名様へ
$100キャッシュバックキャンペーン実施中!
本来最低額$1,000のところ→実質$900+手数料諸々でご参加いただけます!
今がチャンス♪





GAINSKY運用明細表(近日順)

  日付 運用期間 掛金$(円) 単収益$(円) 収益の合計$
10 2020-09-01 2020-08-11  - 2020-08-31 5,122 183.13 953.24
9 2020-08-08 2020-07-18  - 2020-08-07 4,800 210.34 770.11
8 2020-07-16 2020-06-25  - 2020-07-15 1,900 130.75 559.77
7 2020-06-23 2020-06-02  - 2020-06-22 1,600 42.79 429.02
6 2020-05-28 2020-05-07  - 2020-05-27 1,700 50.2 386.23
5 2020-05-05 2020-04-14  - 2020-05-04 2,147 74.96 336.03
4 2020-04-11 2020-03-20  - 2020-04-10 1,900 64.97 261.07
3 2020-03-19 2020-02-27 - 2020-03-18 1,700 85.03 196.1
2 2020-02-24 2020-02-04 - 2020-02-24 1,174
36.06 111.07
1 2020-01-31 2020-01-11 - 2020-01-31 1,100
75.01 75.01
預金日 預金額(単発)$ 預金(入金)額合計$
2 2020-07-16 2,749.97 3,828.55
1 2020-01-10 1,078.58 1,078.58

なお、運用以外の紹介ボーナスなども含めると利用可能な残高はもっと高額になります。

GAINSKYへ参加する
超お得なキャンペーン♪
本サイトよりご参加いただけた方は
今なら先着10名様へ
$100キャッシュバックキャンペーン実施中!
本来最低額$1,000のところ→実質$900+手数料諸々でご参加いただけます!
今がチャンス♪

更新日:

Copyright© かっちゃんのおすすめ投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.