専門用語について

裁定取引(さいていとりひき)<アービトラージ>

取引所というのは場所によって、価格が一定ではない。その特性を利用し、取引所2箇所以上を使用し、差額がプラスになるように、価格が安いところで「買い」、価格が高いところで「売り」の注文をそれぞれ同時に入れ、そこで出た差益を積み上げ稼いでいく取引のこと。(都度手数料がかかるため手数料分も差し引くなどの考慮が必要)
これを自動で処理できるAIシステムを利用した自動取引をする商品も存在する。
しかし、現在(2020年)では取引所側でも対策が打たれており、大きな差益を生み出すことは年々厳しくなっている傾向にある。

 

仮想通貨(かそうつうか)または暗号通貨(あんごうつうか)

法定通貨ではなく、現金というものがない、仮想の通貨。暗号通貨とも言う。この二つは同じ意味。インターネット上でのみ使用できる通貨として流通している。
特定の管理者は存在せず、管理はユーザー同士が行う。主に、ブロックチェーンと呼ばれる仕組みを使用し、管理されている。

 

ブロックチェーン

分散型台帳技術または分散型ネットワーク。

 

法定通貨(ほうていつうか)

国が発行する通貨(¥(円)、$(ドル)、€(ユーロ)、₩(ウォン)、¥(元)、£(ポンド)etc...)で、国内全てで使用でき、最も信用のあるべき通貨。または現金(紙幣、貨幣)のこと。
近年は、電子マネーなどのウォレットが多数あり、特に中国などでは偽札が多く流通しており、現金に信用が無くなってしまっている影響からか、中国では代表的な《アリペイ》などが盛んに使われている。

 

取引所(とりひきじょ)

このページでの取引所とは、主に仮想通貨の取引所を意味する。ユーザーが口座を作り、仮想通貨や法定通貨の「売り」、「買い」、「トレード」、「出金」、「入金」、「振替」、「運用」などを行う市場として利用できる。取引所は、上場した通貨を取り扱い、様々なサービスを提供し手数料などを得て運営している。

 

FX(エフエックス)またはFOREX(フォレックス)

外国為替取引の通称。

 

ポンジ・スキーム

投資詐欺に分類される悪質な仕組みのこと。会員が投資した資金を「運用」し、「配当金」を還元するなどと謳っておきながら、あたかも運用で利益が出ているかように虚偽のレポートなどを発信し、実際には「運用」は行わず、後続の新規会員からの出資金を、先行会員に「配当金」として渡す。あたかも運用によって利益が生まれ、「配当金」が分配されているかのように装うもののこと。この仕組みであれば、末端の会員の「配当金」は常に無いので、最終的には破綻に追い込まれる。比喩で「バケツリレー」のような仕組みとも言われている。日本語名では「自転車操業」と呼ぶような状態。

 

マイニング

マイニングとは新たな「ブロック」と呼ばれるものを生成し、その報酬として仮想通貨を新たに手に入れる行為のこと。一般的には、「採掘」を英訳した「マイニング」という名前で定着している。
マイニングの役割は「仮想通貨の新規発行」と「取引の承認」である。
「仮想通貨の新規発行」とは、トランザクションを含んだブロックを生成する作業。トランザクションデータは、ハッシュ値というデータで保管される。また、「取引の承認」とは、トランザクションデータが書き換えられないように検証していく作業のこと。
マイニングには大きく分けて、3種類の方法がある。

①ソロマイニング
ひとりで行うマイニング。他者を介さないため報酬額が大きい。

②クラウドマイニング
マイニング事業を行なっている団体に、複数の投資家が出資し、マイニングを代行してもらう仕組み。投資額に見合った報酬を投資家のアカウントに付与するという仕組みである。常時稼働しているので電気代が安い海外にサーバーを置いている場合が多い。

③プールマイニング
グループでマイニングを行う方法。マイニングを行う団体をマイニングプールという。報酬を分割するため、報酬が安定する可能性が高いのがメリット。

マイニングを行っている人たちのことをマイナーと呼ぶこともある。

 

スキャルピング

FXや仮想通貨取引所でのトレードの手法の一つ。手法の中では比較的取引時間が短い。短時間取引なので、すぐに終わる代わりに利幅も少ない上に損失幅も少ない。リスクが少ない手法とも言われているが、初心者からは、「難しい」取引と言われている。なぜなら、短時間で市場の動向を観察し、瞬時に取引の判断をしなければならないからである。
小さい利益を積み重ねていくのでそれなりの取引量をこなさないと、まとまった利幅を取ることは出来ない。さらに、取引所によっては手数料もかかるので、回数を重ねるとその数分だけ経費が発生するので取引時は計画的に進めることが望ましい。

 

スイングトレード

スイングトレードとは、スキャルピングよりも長く、長期取引ほど長くない期間。2日から1週間程度で取引を終了させる手法。同じような相場の波(トレンド)が続いている間は保有し続け、その波(トレンド)を乗りこなすようにして利益を取っていくのが特徴。
株を買う時の長期的な予想が必要となる、企業の“ファンダメンタルズ分析”と呼ばれる分析方法があるが、このスイングトレードは短期間で取引が完了するために、前者よりも「トレンド」を知るための“テクニカル分析”を重視する。

 

2段階認証(2FA)

パスワードやIDのみではなく、本人しか分からないもう1段階奥の認証のこと。方法は、アプリやショートメールなどが用いられる場合が多い。主に仮想通貨取引所などの出金、登録情報の変更時などに求められる。日本の金融機関でも、ネットバンキングなどで、ワンタイムパスワードなどの名称でも取り入れられている。
フィッシングやハッキングなどで、IDやパスワードを抜き取られた場合でも、2段階認証を設定しておけば、本人のみが時間限定で認証するので、非常に堅牢なセキュリティと言える。必ず設定するべきである。(管理もしっかりやりましょう)
英語では「2FA」と表記する。(海外口座のアカウントでも「2FA」と表記)

 

出金(しゅっきん)(Withdraw)

日本の銀行に例えれば、ATMから現金を引き出すこと、または別口座へ振り込みをするなど、外部へ資金を出すこと。
仮想通貨の取引所では、日本円の銀行振り込みを依頼することや、ビットコインなどを外部の仮想通貨アドレスに送金すること。

 

入金(にゅうきん)(Deposit)

日本の取引所の場合、日本円で銀行振り込み等するとアカウント(口座)に反映される。また、海外の取引所へは、仮想通貨にしてから、振り込めば、出金先にとっては「入金」であり、送金元からすれば「出金」したことになる。

 

収入(しゅうにゅう)(Income)

配当形式の投資案件などの運用益のこと。(元本とは別の新たに生まれた資金)

 

振替(ふりかえ)(Transfer)

同じ取引所内、同じ銀行内などで、資金を移動させること。(多くの場合、手数料がかからない場合が多い)

 

指値(さしね)

取引所などで売買を委託する際に、値段を指定すること。または、その値段。その性質から、指定した金額にマッチングするトレーダーが現れるまで、「待ち時間」が発生する。(指値で購入する)(指値で売却する)

 

成行(なりゆき)

取引所などで売買を委託する際に、その時の価格ですぐにでも売買を行いたい時に用いる取引方法。
即時に取引が行われる。

 

レバレッジ

取引をする際に、他人の資本を利用し、自己の資本に対する利益率を高めること。ハイリスクハイリターンな方法。例えば、1ドル=100円の場合、1,000ドル(10万円)元本で10倍のレバレッジをかけていれば、1,000ドル(10万円)が10,000ドル(100万円)からスタートできることになる。1ドル=110円の相場で、円に売却すれば、10,000ドル→110万円、10万円のリターンが得られる。今度は逆に1ドル=90円になると、10,000ドル→(90万円)になり、10万円を損してしまう。慌てて、売却しても結局、元本は10万円なので、10万円は、ぱあになってしまう。この場合、レバレッジをかけなければ1万円しか損はしなかったということになる。どちらに転ぶかは誰にも分からない。
FXの世界ではこのように、勝つ人と負ける人というのが、1:1の割合で存在している。

 

証拠金(しょうこきん)

証拠金は、いわば担保のようなもの。
中でも「必要証拠金」とは、FXや仮想通貨取引などのポジションを取るためにその取引額に比例して最低限必要となる預託金のこと。 FXや仮想通貨取引では少額の証拠金=資金をもとにレバレッジ効果を利用することにより、実際の資金(証拠金)より大きな金額で運用を行うことが可能。ここまでだと、「元本」と近似したイメージだが、根本的な位置付けは異なり、通常の預金が「元本」であり、証拠金は「担保」と定義するのが望ましい。この証拠金は損失が出た場合、追加入金する必要がある場合があるので、リスクを考慮する必要がある。

 

建玉(たてぎょく)

信用取引の「建玉(たてぎょく)」とは、約定後に反対売買や現引き・現渡しされず残っている未決済契約の総数のこと。
証券会社から信用を供与されて、お金を借りて買い建てたり、株を借りて売り建てたりする取引が「信用取引」である。そのため、買いで借りたお金や売りで借りた株は、期限内に返済する必要がある。返済されるまでの間、お金を借りて買い建てた株を「買い建玉(かいたてぎょく)」、株を借りて売り建てている株を「売り建玉(うりたてぎょく)」という。

 

トランザクション

ここでのトランザクションの意味としては、銀行間、取引所間の取引のこと。
※海外の取引所などでTransaction Pin(トランザクションピン)などの項目を見かけるが、これは取引に必要なログインパスワードとは別のパスワードのような存在。事前に取り決めてある場合が一般的なのでしっかり管理しておく必要がある。

 

トークン

単語の意味としては、英語で「証拠品」、「しるし」、「記念品」などを表すが、仮想通貨業界では次のような意味を持つ。
トークンという言葉自体はさまざまな文脈で使われることがあり明確な定義がないのだが、仮想通貨業界では一般的に、既存のブロックチェーン技術を利用して発行された仮想通貨のことを指して「トークン」と呼ぶ。
通常、仮想通貨はそれぞれ別のブロックチェーンを持つ。例えば一般的に知られている仮想通貨である BTC や ETH は、それぞれビットコインやイーサリアムのブロックチェーンが利用されている。ブロックチェーンデータベースは対応する仮想通貨の取引記録であり、本来この 1 対 1 の関係は仮想通貨の前提とされている。
それに対しトークンは、既存のブロックチェーン上に新たに作られた仮想通貨のことを指す。その目的はさまざまで、基本的には利便性の向上を目指して特定の個人や団体による発行・管理が行われている。

 

HYIP(ハイプ)

HYIP(ハイプ)は「High Yield Investment Program」略称として頭文字をとったもので、直訳すると高益投資プログラム。
その名前からわかる通り、高配当条件の投資・投機案件を指す。
非常に幅の広い言葉で、そもそも仮想通貨とあまり関係のない概念です。
HYIPの仕組みは、HYIP運営者と投資家ユーザー、投資先案件で成り立っています。
よくブログなどで、投資案件の詐欺案件の代表例として紹介されることが多い傾向にあるHYIP(ハイプ)だが、実際にいくつかそのような案件が実在したために、引き合いに出されるようになったのである。マトモな案件も実在するが、結果、お金は増えたが、「出金できずに終わった」などのような案件が出ればそれは詐欺案件として処理されてしてしまう。実際、そのマトモな案件が数年後もマトモかどうかは、誰にも分からない。

 

ウォレット

ここでは、ネットワーク環境等で使用できる財布のことを指す。
現金に例えるなら、銀行口座にお金は入っているが、財布にお金が入っていない。そんな時にお金をATMから引き出し、財布に補充することがあるが、財布からすぐに「現金を使用できる状態」にすることと同義。

 

デビットカード

日本で発行している会社は少ないが、よく知られている使い方としては、銀行口座=財布のようなものである。銀行口座と連動したカードを使用することで、現金の引き出しを行わなくても即座に銀行口座から支払われるというものである。
中国などアジア圏で広く使用されている、銀聯カード(ユニオンペイ)というカードもデビットカードの一つである。法定通貨をチャージすることが可能で、銀聯カードは日本のコンビニなどでもショッピングに使用でき、ATMで現地通貨として引き出すこともできる万能なカードとしても知られている。

 

ボラティリティー

ボラティリティー(Volatility)とは、一般的に価格変動の度合いを示す言葉で、「ボラティリティーが大きい」という場合は、その商品の価格変動が大きいことを意味し、「ボラティリティーが小さい」という場合は、その商品の価格変動が小さいことを意味する。現代ポートフォリオ理論などでは、このボラティリティーを標準偏差で数値化し、それをその商品のリスクの度合いとして捉えるのが一般的である。つまり、ボラティリティーが大きい商品はリスクが高く、ボラティリティーが小さい商品はリスクが低いと判断されるのが通常。
近年、仮想通貨トレードなどで特に日本人はこのボラティリティーの高い取引を好んで行う傾向がある人口が多い事が露呈した為か(原因ははっきりとはしていない)、相場を大きく乱すことを懸念されてか、海外の大手取引所から日本国籍のユーザーに対して利用制限をかけられる事が目立つようになってきた(2020年3月現在)。加えて、日本国による仮想通貨などへの厳しい規制は、日本国籍ユーザーが在籍する海外取引所にも少なからず影響を及ぼしている模様。

 

億り人

株式投資やFXなどの分野で生まれた言葉で、投資や投機によって資産が1億円を超えた人のこと。
2017年は仮想通貨が値上がりしたため、資産が1億円を超えた仮想通貨保有者が続出した経緯があって、「億り人」は仮想通貨業界でも使われるようになった。これにより、利確による税金の問題など様々な社会現象が話題になった。

 

ビットコイン(BTC)


ビットコイン
とは仮想通貨(暗号通貨)の基軸通貨の代表とも言える最もポピュラーな通貨(略称として「BTC」と表記する)。

 

アルトコイン

アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)の総称。

 

ハードフォーク

ハードフォークとは、ブロックチェーンのプロトコルに規定された検証規則を緩和することによって発生するブロックチェーンの分岐のこと
ハードフォークは、主に仮想通貨(暗号資産)のアップグレードを意味する言葉として利用される。分散管理された仮想通貨のネットワークを構築する各ノードは最新版ソフトウェアへアップグレードするか否かの選択を迫られる。
この結果、アップグレードを行なった仮想通貨と行わなかった仮想通貨が二つに分岐することになり、これを「フォーク」という。そしてフォークした二つの仮想通貨の間で互換性がなくなることをハードフォークという。
とりわけ仮想通貨に大規模なルール変更が伴うアップグレードの場合、その前後で互換性を保つことが技術的に困難になるためハードフォークする必要があり、一方、互換性を保った仮想通貨のアップグレードはソフトフォークと呼ばれる。

 

イーサリアム(ETH)


アルトコインの一つとしても親しまれており、ビットコインが基軸通貨とするのなら、ビットコインが変動すればイーサリアムにも大きく影響する。上場も複数の取引所でされており、今では市場に無くてはならない存在となるほどである。知名度と人気の高さから保有するユーザーも非常に多い。
外部送金が早いことでも知られている。
イーサリアムは、プラットフォームとしての歴史もある。分散型アプリケーション (DApps) やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称、及び関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称である。イーサリアム・プロジェクトによって開発が進められている。

 

リップル(XRP)


アルトコインの一つ。非常に人気が高いコインの一つ。
XRP(リップル)は分散台帳技術 XRP Ledger で管理される暗号通貨であり、XRP Ledger のネイティヴ暗号資産である。XRP はリップル社の送金ネットワーク(RippleNet)で実用化され、XRPを指して「リップル」と愛称で呼ばれることも多い。
XRP の取引の記録は、台帳である XRP Ledger に保存され、暗号技術によって保護されている。XRP Ledgerのデータはユーザー (企業、大学、取引所など)で構成される信頼のネットワークで分散管理され、高速な送金速度と改ざん耐性を両立しており、国際送金や貿易取引における即時決済の実現に向けて開発が進んでいる。

 

テザーUSD(USDT)


ほぼ、アメリカドルと同等の価値を有するアルトコイン。
最大の特徴が法定通貨の価値の変動にほとんど影響を受けない点である。
この特徴により、色々な配当プログラムで配当の代替先や入金用の指定送金先として使用されている。

更新日:

Copyright© かっちゃんのおすすめ投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.